立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > こんな時どうする?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
こんな時どうする?

遺産のこと

「長男なので実家を継ぎたいのですが兄弟が認めてくれない」

今は長男に優先権があるわけではないので、ご長男でも、遺言書がない場合は、必ずしも希望通りにいくとは限りません。一番良いのは、生前に遺言を書いてもらうことですが、遺言を書かないまま亡くなった場合は、交渉や調停、審判で解決することとなります。しかし、審判で決められる場合は、長男だから優先されるということはありません。

ただ、代償分割といって、他の相続人にお金を渡す代わりに不動産などは自分が引き継ぐという分割方法も認められています。審判においても、そのような解決が命じられることもあります。

確実な方法は、法定相続人全員の同意を得て遺産分割協議書を作成することですが、それが無理な場合は、調停を申し立てて代償の提供を申し出、有利な解決を目指すことになるでしょう。ただし、その場合、確実に成功するとは限りません。また、審判に移行した場合、最終的に意に沿わない審判が出る可能性もありますので、どうしても実家を継ぎたい(特定の土地や店舗を相続したい)という場合には、まずは話し合いで解決するほうが無難だと思われます。

※ここで書いているのは全て一般論です。個別の事例によって、望ましい対応は変わります。弁護士に相談せずに実行に移した結果損害や不利益を被っても責任は負えませんので、ご注意ください。
立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら