立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > こんな時どうする?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
こんな時どうする?

遺産のこと

「最近父が亡くなりました。ところが、土地の名義は祖父のままで、親戚中でもめています」

祖父が亡くなった時に遺産分割協議がなされ、合意に至っていれば、それを前提に、お父様の遺産についてだけ御兄弟と分割協議をすればよいことになります。名義に関しては、遺産分割協議書に従って登記申請をすればよいでしょう。
一方、祖父が亡くなった時に分割協議をしていなかったり、協議はしたけれども合意に至ってなかった場合には、お父様とお父様の兄弟姉妹で共有の状態になっているので、関係者全員で分割協議をする必要があります。
もちろん、分割協議をしないこと自体は違法ではありませんが、そのままの状態では権利関係がややこしくなり、たとえば土地の賃貸借や売買などを考えると、長く放置することは、あまり望ましくないといえます。

※ここで書いているのは全て一般論です。個別の事例によって、望ましい対応は変わります。弁護士に相談せずに実行に移した結果損害や不利益を被っても責任は負えませんので、ご注意ください。
立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら