立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 事例集
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
債務整理の実例集

ここの事例集は、一般的事案をもとに作成したもので、プライバシー保護のため、事案を変えている場合があります。


大手消費者金融E社に100万円近い債務があったN.S.さんは、当事務所に債務整理を依頼しました。 当事務所で利息再計算を行なったところ、過払い金が多額発生していることがわかりました。

もっとも、このE社、古い履歴は保存していないといって取引履歴の一部を出してこなかったのですが、弁護士が電話して契約書 の写しを出すように求めたところ、写しが開示され、昭和時代からの取引であることがわかりました。

それを元に、弁護士が裁判をしたところ、当初約140万円の返還で終わらせようとしていたE社は、今度は約235万円の返金 を提示。それで和解が成立し、速やかに過払い金は振り込まれました。

当事務所では、履歴がない部分を推定計算する手掛かりとして契約書を提出させたのが、良い和解を勝ち取れた理由であると考え ています。なぜなら、根拠のある推定を無視したまま判決になると貸金業者側が負ける可能性が高いから、譲歩してきたのだと思 います。

このように、当事務所では、履歴の開示が不十分な場合でもできる限りの過払い金回収を行なうように尽力しています。 また、業者が履歴の一部を出さなかったような場合も、弁護士の事務所なので、訴訟などの方法で充分な額を回収することができ ます。(*業者に資力がない場合等、満額の回収は困難な場合もあります)


大手消費者金融B社に80万円弱の債務があったNさんは、当事務所に債務整理を依頼しました。
当事務所で利息再計算を行なったところ、過払い金が発生していることが判明しました。
弁護士がB社と交渉したところ、30万円を超える過払い金を取り戻すことに成功しました。
この結果、Nさんは、80万円近くあった借金がすべて消えたうえに、弁護士費用を差し引いても10万円以上を 手に入れることができ、生活の再建に成功しました。
Nさんは、事務所に依頼したことで生活はかなり楽になったとおっしゃっています。


大手消費者金融3社から合計100万円を超える債務があったK.T.さん。
当事務所で利息を再計算したところ、3社とも過払いになっていることがわかりました。
弁護士が3社と交渉や訴訟をした結果、K.T.さんは債務がすべて消えたうえ、合計180万円を超える過払い金を取り戻すことができまし た。Cさんも債務整理をしたことでかなり生活が楽になったとおっしゃっています。
このように、当事務所に依頼したために生活を再建できた方は多いと思います。


*N.S.さん、E社、などの仮名は頭文字ではありません。
事例は概ね事実に沿っていますが、個人情報保護のために一部事実関係を 省略している場合があります。

関連ページ

任意整理  民事再生  債務整理Q&A  債務整理のメリット 

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら