立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 任意整理
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
任意整理

 任意整理とは、借り手(実際には代理人弁護士)と金融業者との間で交渉して、原則元本だけの分割払いを認めてもらうことです。

 すなわち、まず現状の額を利息制限法にしたがって引きなおしたうえ、その額で固定(今後の利息をなくす)し、分割(標準的には3年間~5年)で返すことを借り手と業者の間で取り決めるという手続きです。

 裁判所を通さない手続きで、どのような合意内容にするかは当事者同士で決めることになります。法的には、どういう内容にするかという制約は、それほどありませんが、業者との合意が必要なので、一般的には、「元本だけ、3年〜5年での分割払い」という条件が多いようです。また、東京の三弁護士会の申し合わせ(いわゆる東京三会基準)でも上記の基準を採用しているので、弁護士は通常、この基準か、あるいはそれよりは借り手に有利な基準で和解することを目指します。

 たいていの債務はもともと分割ですが、この手続きを行えば、利息制限法違反の部分がある場合には引き直し計算をすることで債務を減らせる、 多くの場合には元本だけの返済でよくなり、将来の利息は原則としてなくせる、という点で、メリットがあります。*一部に将来利息をなくすことに同意しない業者もありますが、今のところそういう業者は少数です。

 利息制限法に反する高い利息で借り入れていた方(現在も高い利率の場合はもちろん、現在は適法利息に変更されている場合も含む)や、いくら払っても利息にばかり当てられてしまって借金が減っていかない、というような方には、一般にメリットが大きいと思われます。

 また、計算の結果、過払い(払い過ぎの利子を元金に充当してもなお余剰が出る場合)になっていることが判明すれば、過払い回収に移行します。実際、任意整理のために法律事務所を訪れた方が、取引履歴の開示を受けて引きなおし計算をした結果、過払いになっていて、逆に取り戻せたという事例は多くあります。

 なお、任意整理は、計算の結果過払いになっていた場合を除くと、分割で返していく手続きですから、元本だけ、3年ないし5年払いという条件でも返済できない家計の状況の場合は、家計を改善しない限り、任意整理での処理は難しく、基本的に、民事再生か自己破産を選択せざるを得ない可能性が高くなります。
(返済期間をそれより長くすることは、取引の状況や業者によっては応じてくれることもありますが、3年ないし5年の場合と比べて交渉の成功率は低いのが現状です。ただ、当事務所では、ご依頼者様の家計の上記が厳しい場合は、できるだけ、長期の弁済での任意整理も成功させるように尽力します)

参考1:任意整理の分割は何年間まで可能か?
参考2:月々の支払額決定の方法
参考3:一括弁済で減額できるか?

関連ページ

自己破産  民事再生  債務整理Q&A  弁護士費用 

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら