立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 債務整理をすることによるメリットとは?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
債務整理のメリット 債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産、などいくつかの種類があります。共通のメリット、デメリット、それぞれの手続き固有のメリット、デメリット、があります。

債務整理をすることによるメリットとは?

    <債務整理共通・全般のメリット>
  • 弁護士が入ること、金融業者からの取り立てなど直接の連絡が行われなくなる
  • 多様な手続きから、一人一人の状況に応じた手続きを選択できる
  • どの手続きを選んでも、成功すれば、債務を完済して、あるいは、免除してもらって、借金のない生活を行なう目途がつく
  • 超過利息分を遡ってなくす(引き直し計算)ことができる
  • 上記計算で、過払い金があることがわかれば、返還を求めることが出来る
  • <任意整理のメリット>
  • 任意整理の場合は、基本的に、将来の利息をなくせる。
  • 任意整理の場合、本人の家計に応じて、月々の返済額を検討、交渉することができる。(ただし、債権者がその提案に応じてくれるとは限らず、債権者や債務額に応じて、ある程度の限界はある)
    <自己破産のメリット>
  • 自己破産で免責を得れば債務を返さなくてよくなる(非免責債権を除く)
  • <民事再生のメリット>
  • 民事再生を使えば、返済額を大幅に減らせる可能性がある
    (たとえば1/5程度に減らせるケースもある)
  • 住宅資金特別条項を使えば、住宅を残したまま債務の整理ができる。

デメリットとは?

  • いわゆるブラックリストに載る(信用情報機関に債務整理等についての情報を登録される)ことで新たな借り入れが数年間程度難しくなるので、これから住宅ローンを組むことを計画している場合等は、注意が必要です。(信用情報機関への不利益登録は、任意整理、民事再生、自己破産、いずれにも共通します)
  • ただし、完済後の過払い請求はブラックにはなりません。残ありから介入しても、結果的に全社過払いなら、速やかに消えます。
  • 破産の場合は、原則的に資産を失うことになります。(日常家事用品や99万円以下の現金、20万円以下の現金など例外もあります(金額の基準は裁判所により異なりうる)
  • その他、破産、民事再生の場合は、官報に載る、各種書類を集める必要がある、手続きの種類に応じて裁判所に出向いたり管財人・再生委員に会う必要が出てくる(いずれも弁護士が付き添います)などの手間がかかる、ことがあげられます。

関連ページ

任意整理  自己破産  民事再生  債務整理Q&A 

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら