立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 記入の注意
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
債権者一覧表書き方についての補足

実際にどの業者に対して債務整理や過払い回収をするかは、弁護士との面談の後、ご本人様の希望に基づき、決定することになります。*ただし、成功の見込みがない債務整理等、お受けできない場合もあります。

弁護士としては、正確な情報を把握することで、適切なアドバイスや方針の検討ができますので、介入のご希望等にかかわらず、すべての債務、完済業者について、御記入をお願いします。その上で、当日、弁護士との面談の際に、ご本人様のご希望をお伝えください。

・保証債務についてもご記入ください
・銀行や、個人からの借入についてもご記入ください。
・キャッシングは完済でもショッピングが残っている場合は、残有の書式にご記入ください。

書き方が分からない場合は、分かるところだけご記入の上、当日、弁護士または事務員にお尋ねください。

相談シート、債権者一覧表シートに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら