立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > クレディアからの過払い回収
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
過払い金を取り戻そう これまでに取り扱った業者一覧

クレディアからの過払い回収

クレディア(旧フロックス)に対して過払い金が発生していた場合、すんなり返してくれるでしょうか?
*この業者は、元々はクレディアという名称であり、一時、フロックスと名乗っていましたが、今は、再びクレディアに戻っています。

この業者については、中小業者であり経営基盤があまり強くはないという点の他、民事再生法の適用を受けているという特殊性があります。

ただ、民事再生法の適用に際して、特別な定めをしているため、再生前の過払い金であっても、それなりに回収できます。すなわち、再生債権に当たる過払い金についても、30万円までなら満額、それ以上の場合は、30万円か4割の高い方、で返還するという定めをしています。(たとえば、24万円の過払い金がある場合、24万円が返還されます。50万円ある場合は、30万円返してもらえます。100万円なら、40万円です)
しかも、再生債権の届け出期間を過ぎても、過払い金については返還すると定めているので、今からでも請求できます。
再生債権としての返還ですので、基本的に、請求して3か月後に返還されるという扱いです。

一方、民事再生開始決定(平成19年9月21日)後の分は、民事再生で減縮される対象ではない債権なので(共益債権といいます)、理論的には満額返してもらえます。つまり、再生手続きの後の過払い金については、民事再生の影響を受けないわけです(これは、過払い金に限らず、民事再生では、債権一般について、そういう扱いになります)
ただし、実際のところ、再生開始決定後の過払い金については、任意交渉だと、計算上の5%等、きわめて低い提案をしてきます。本来は、満額で返還されるべき部分なのに、おかしな話ですが、経営状況が原因のようです。
(再生分を不履行にすると再生計画取り消し、破産、となってしまうおそれがあるから、再生分は払い、共益分をカットするという戦略をとっているではないか、と推測できます)

もっとも、5%というような提案で納得する必要はなく、今(平成25年初めごろ)のところ、訴訟をすれば、少しは提案額が上がってきます。ただ、判決をとっても、それだけだと、素直には返してこないようです。

ただ、口座の差し押さえをすれば、元金の50%以上の額で提案をしてきます(実際、もう少し行けると思います。元金満額よりは少ないけれども、50%よりは多い、という感じです)

もちろん、状況は常に変化するので、今後も同様の比率で回収できると保証できるわけではありません。

ただ、まだ貸金登録があり、貸し付けを行っている業者なので、当面は、そこそこに回収できる可能性が高いと思います。

以上のように、クレディアに対する過払い返還請求は、理論的にもややこしい点があり、交渉や訴訟なども、しっかり行う必要があります。それゆえ、弁護士に依頼する必要性は高いと言えます。
 当事務所では、クレディアに対する過払い金請求についても、すでに50件以上扱っています。(フロックスと呼ばれていた時期を含む)クレディアの過払い金について気になる方、ぜひ、ご相談ください。

なお、執行をすると費用が心配という方もおられると思いますが、当事務所の場合、訴訟の後、執行を1回かける分には、弁護士費用の追加は必要ありません(裁判所実費はかかります)。訴訟を提起したら、あとはそのままの報酬基準で、1回目の執行までは可能です。
(1回目にうまくいかなかった場合、再度行うか、その時の報酬をどうするかは、ご依頼者様と、個別に協議いたします)

(平成25年3月記載)


当コラムは一般的な解説であり、必ずしも個別の案件に当てはまるとは限りません。また、状況は常に変化しえます。それゆえ、当コラムを読んで判断の参考にされたとしても、当事務所で責任を負うものではありません。債務整理や過払い金返還請求については、当事務所まで直接、ご相談ください。個別の案件に即したご説明をさせて頂きます。なお、受任となった場合は、以後の交渉等は当方で行いますので、ご安心ください。

*債務整理や過払い回収のご相談は無料です。また、相談は原則として直接の面談が必要です。
まずは、電話かメールでご予約をお願いします。
ご予約はこちらから:042-512-8774

業者別コラムへ戻る


関連ページ

任意整理  自己破産  民事再生  債務整理Q&A 

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら