立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 過払い金が発生する仕組み
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
過払い金を取り戻そう これまでに取り扱った業者一覧

過払い金が発生する仕組み

過払い金という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
では、なぜ貸金業者が、いったん受け取ったお金を返してくれるのでしょうか?

実のところ、かつて、利息制限法を超えても、29.2%(2000年の法改正前は40%)までは罰則がなかったため、その間の利率で貸し付けている業者が多かったのです。
この、利息制限法を超えて、罰則がない範囲の金利を、グレーゾーン金利といいます。

貸金業法が定める要件を満たせば、業者はいったん受け取ってしまえば、返さなくていいという規定(みなし弁済)があったため、多くの業者はそのように高い利率で貸付をしていました。

ところが、平成18年1月に、最高裁が、「期限の利益喪失特約がある場合みなし弁済は任意性に欠けるので成立しない」という趣旨の判決を出したため、みなし弁済はほとんどのケースで認められなくなりました。

ここで重要なのは、法律の変更ではなく、判例の変更ということです。法律の変更ならさかのぼって適用されることはありませんが、これは判例の変更なので、業者は、それまでにみなし弁済として 受け取っていた過払い金も返さないといけなくなったわけです。

それゆえ、現在は、取引の最初にさかのぼって、利息制限法の上限利率で再計算して過払い金を請求することが認められています。



(平成25年4月記載)


当コラムは一般的な解説であり、必ずしも個別の案件に当てはまるとは限りません。また、状況は常に変化しえます。それゆえ、当コラムを読んで判断の参考にされたとしても、当事務所で責任を負うものではありません。債務整理や過払い金返還請求については、当事務所まで直接、ご相談ください。個別の案件に即したご説明をさせて頂きます。なお、受任となった場合は、以後の交渉等は当方で行いますので、ご安心ください。

*債務整理や過払い回収のご相談は無料です。また、相談は原則として直接の面談が必要です。
まずは、電話かメールでご予約をお願いします。
ご予約はこちらから:042-512-8774

業者別コラムへ戻る


関連ページ

任意整理  自己破産  民事再生  債務整理Q&A 

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら