立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 過払い金に関する判例についてのコラムです
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
過払いコラム

過払い金に関する判例についてのコラムです

みなし弁済について否定した判例
貸金業者が原則悪意と推定されるとした判例
悪意の推定を覆す余地を認めた判例
悪意の推定を覆すためには18条書面に返済日等の確定的な記載が必要とした判例
時効は原則として完済日から起算するとした判例


債務整理トップへ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら