立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 管財予納金とは
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他

管財予納金とは

管財予納金とは何でしょうか?
これは、破産手続きにおいて、管財事件になった際に、あらかじめ管財人に支払うお金のことです。管財人は、弁護士が選任されるのであり、公務員ではないため、活動費用を支払う必要があり、それゆえ、管財予納金という制度ができたのだと考えられます。

もっとも、東京地裁では、個人の破産の場合、原則4回までの分割が可能ですが、これを支払わないと、手続きが終わりません。
*法人の破産の場合でも分割ができないわけではないですが、原則としては予め用意すべきとされているようです。
少額管財の場合は、原則20万円ですが、特定管財になると、法人の規模などにより異なります。

なお、裁判所により、基準は異なります。

自己破産についてのトップページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら