立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > サラ金と契約した時に、家族の名前を書く欄があったので、書いてしまいました。家族は保証人だから返済しないといけないですよね?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件
サラ金と契約した時に、家族の名前を書く欄があったので、書いてしまいました。家族は保証人だから返済しないといけないですよね?

刑事事件 いいえ、単なる家族欄であって「保証人」あるいは「保障」という言葉が使われていなければ、保証をするという意思が現れていないので、保証人としての責任は負いません。

また、基本的には、保証は保証をする本人が承諾しないと有効に成立しません(ただし、夫婦間の場合は、一方配偶者が、保証の意思を記した文書に無断で記名・捺印した場合、表見代理という考え方で有効に成立することもありうるので注意が必要です)

« 一覧へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら