立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 個人からの借り入れがあるのですが、債務整理をする場合、どう扱われるのでしょうか?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件
個人からの借り入れがあるのですが、債務整理をする場合、どう扱われるのでしょうか?

刑事事件 破産をすれば消えます。民事再生の場合には、再生計画が認可されれば、縮減の対象にはなりますが、そこに至るまでの段階で異議を出される可能性があることに注意が必要です。

任意整理を選択する場合は、債務整理の対象に含めてもいいし、含めずに返し続けることもできます。ただ、任意整理により分割での返済を認めてくれるかどうかは、その債権者(貸してくれた人)次第です。

« 一覧へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら