立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 破産をした場合、日常生活にどのような制約がありますか?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件
破産をした場合、日常生活にどのような制約がありますか?

刑事事件 まず、同時廃止の場合はほとんど制約はありません。ただし、金銭の貸し借りはできなくなります。

一方、管財事件の場合は、それに加えて、破産手続きの期間(通常は数か月)に関しては、引っ越しが許可制になる、郵便物が管財人に転送されてチェックされる、などの制約があります。

また、同時廃止であれ管財事件であれ、一定の国家資格はしばらく停止されます。

なお、上記の様々な制約は破産手続き終了または免責決定までですので、免責決定後は普通の生活に戻れます。

« 一覧へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら