立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 破産について、同時廃止と少額管財はどう違いますか?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件
破産について、同時廃止と少額管財はどう違いますか?

刑事事件 同時廃止とは、手続きが開始されると同時に終わるという意味で、財産を売却して分配する手続きがありません。 それゆえ、早く終わります。また、費用も安くで済みます。
一方、少額管財は管財人が選任されて財産の調査、場合によっては換価と分配がおこなわれ、それゆえに 時間と費用がかかります。
費用としては、当事務所を利用する場合、同時廃止は裁判所費用等込みで20万円程度、少額管財は55万円〜60万円 程度と考えていただければいいと思います。
(それゆえ、同時廃止は月1万5000円程度の分割でも可能ですが、少額管財は月5万円程度の分割が標準です)

« 一覧へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら