立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > どういう場合に少額管財になるのですか?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件
どういう場合に少額管財になるのですか?

刑事事件 20万円を超える資産がある場合、免責不許可事由(浪費、ギャンブルなど)がある場合などです。

ここで、資産には、手続き開始時に退職したと仮定した場合の退職金支給額の1/8、過払いで回収した金銭なども保険の解約返戻金なども含まれるので、注意が必要です。

« 一覧へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら