立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 民事再生をした場合、住宅ローンも減額できますか?
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件
民事再生をした場合、住宅ローンも減額できますか?

刑事事件 基本的に、住宅ローンはそのまま支払うことになります。ただ、手続き中で返済期間を延ばす手続きもありますが、変更後の計画でも70歳までに返し終わることが求められ、延長期間も10年以内とされています。
その他、元本の返済の一部を一時猶予する手続きもあります。
また、債権者が同意すれば、さらに緩やかな条件への変更も可能です。
もっとも、再生計画には遂行可能であると認められなくてはならないので(民事再生法202条)、計画に無理がある場合には、認められないこともあります。

« 一覧へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら