立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > ゼロ推定
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
ゼロ推定

取引の記録が一部未開示のとき、開示された冒頭の残高をゼロとして計算することです。
業者履歴の一番最初の時点では、実はすでに数年取引がなされていたために過払いの状態になっているはずだ、それゆえ、冒頭の残高は根拠がないのでゼロで計算する、という主張です。

この方法だと業者履歴をそのまま使うより、かなり、請求者に有利になります。
もっとも、この計算方法を裁判所で認めてもらうためには、多くの場合、さまざまな事実に基づいて 立証しないといけません。

「過払い回収に関する用語集」へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら