立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 悪意の受益者
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
悪意の受益者

不当利得を保持することについて、法律上の根拠がないことを知っていたことを指します。
過払い金でいえば、「本当はグレーゾーン金利の部分を受け取る根拠はないことを知っていたこと」を意味します。
悪意の場合は、返還日まで年5%の利息をつけて返さないといけません。一方、悪意でなければ、現存利益の範囲で 返せばいいことになります。

「過払い回収に関する用語集」へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら