立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 時効
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
時効

過払い金は、取引終了から10年で時効になってしまいます。
時効ぎりぎりで相談に来られた場合、履歴を取り寄せている間に時効になってしまう恐れもあるので、早めにご相談ください。
(介入通知に「過払い金があったらすぐに返還するよう求める」文言があれば時効が止まるという説もありますが、履歴を取り寄せて 引き直し計算をして、具体的な金額を算出して請求しないと止まらないとされる危険もあります)

また、途中完済がある場合、途中完済より前の部分は、途中完済から10年で時効になる場合もあり(取引の分断)、注意が必要です。

「過払い回収に関する用語集」へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら