立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 離婚相談…多摩中央法律事務所ができること
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
離婚・家族関係

離婚相談…多摩中央法律事務所ができること

  • 相談
    離婚ができるかどうか、その方法は、というだけではなく、慰謝料、財産分与、親権、養育費、婚姻費用・・ など、離婚や別居に伴って発生しうる様々な問題について、ご相談に応じることができます。

  • 離婚協議書作成
    離婚をすることやおおよその条件はお二人の話し合いで固まったという場合、相談とともに離婚協議書を弁護士が作成することができます。弁護士が作成することで、法的観点から適切な離婚協議書を作成できますから、できる限り後々のトラブルを防ぐことができます。

  • 相手方との交渉
    離婚はしたい、でも、いきなり裁判をするのはちょっと・・
    という方には、まず、弁護士が代理人となって、相手方と交渉することができます。
    交渉では、離婚するかどうか、だけではなく、慰謝料や財産分与、親権、養育費、婚姻費用などの問題についてもご依頼者様のご意向に沿って、相手方に必要な要求を行ない、交渉していきます。

  • 離婚調停
    話し合いでうまくいかない場合や、早く決着をつけたい場合は、離婚調停を申し立てることが一般的です。調停において、弁護士は、あなたの代理人となり、調停の場での対応や、調停外での交渉を行ないます。弁護士がついていれば、調停の場の雰囲気に押されて言いたいことを言えなかったり、調停委員の専門用語についていけない、というような問題に悩まされずに済みます。離婚調停をお考えの方は、ぜひ、弁護士にご依頼ください。

  • 離婚訴訟
    調停をやってもまとまらなかった場合は、裁判で離婚を求めることができます。 裁判離婚は、民法の要件を満たさないといけないので、法律の専門家である弁護士を付けることが望ましいと言えます。弁護士は、法の要件を満たす事実は何か、熟知していますので、ご依頼者様の場合にそれに当てはまるか、丁寧に聞き取りを行ない、必要な事実の主張をしていきます。

  • 以上のそれぞれの段階において、慰謝料、財産分与、親権、養育費、婚姻費用など、関連する問題について扱います。後々憂いが残らないように、しっかり検討させていただきます

    以上のように、離婚において、弁護士の果たす役割はとても大きなものがあります。
    離婚を考えている時、これから生活や人生がどうなるのか、とても不安だと思います。
    そのような不安をできるだけ解消するのが離婚問題に取り組む法律家の役割です。
    特に、多摩中央法律事務所は、創設以来、一般市民のための法律事務所として、一般の方々からの相談を多くお受けしてきました。
    まずはお気楽にご相談ください。

    離婚トップへ戻る

    その他の家庭問題でお悩みの方へ

    DV,配偶者の不倫相手への慰謝料請求、その他家庭の問題についての相談、受け付けています。

    離婚等の弁護士費用について

    ご相談は多摩中央法律事務所
    電話042-512-8774
    (受付時間平日午前10時から午後9時30分、日曜日は午後7時まで)
    またはメールでお申し込みください。
    法律相談ご予約フォーム

    立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら