立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 遺産・相続
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
遺産相続

遺産相続問題

多摩中央法律事務所では、遺産分割についての相談、遺言書の作成アドバイス、遺産分割の調停・審判、その他相続に関する相談、受け付けています。
相続・遺言専門サイト
詳細はこのリンク先をご覧ください。

まずは相談だけ、ということでも結構ですし、相手方との交渉を頼みたい方、調停を申し立てたい方、相手方から調停を申し立てられて困っている方、自分で調停を始めてみたけれども思ったより難しいので弁護士を付けたいという方、など相続について悩んでおられる方々のご依頼を歓迎いたします。

まずはお電話ください。

遺産の問題は、兄弟姉妹でも、あるいは兄弟姉妹だからこそかもしれませんが、たとえ少額でももめごとになるケースがよくあります。遺産分割の問題は、「全員合意」が必要なのが難しいところです。つまり、多数決で決めるというわけにはいかないので、相続人の中にだれか一人でも反対する人がいると決まりません。
でも、そのようなときでも、調停を申し立てて、調停委員が間に入ってくれると、何回かの話合いの上に解決できることがあります。

ただ、調停をするにしても、法律的な知識がないと、難しいと思います。なぜなら、まずは、ご自身がどのような解決を望むのか、はっきり考えを示す必要があり、そのためには、どのような権利があるのか、また、どのような解決の方法があるのか、知っておく必要があるからです。それゆえ、調停を起こす場合には、あらかじめ専門家のアドバイスを聞いておく、あるいは、代理人として依頼することが望ましいと言えます。

また、知識がないまま調停に臨むと、いつのまにか必要以上に相手方に有利な方向に話が進みかねません。たしかに調停委員は中立の立場ですが、相手方のほうが詳しいと、流れとして不利になってしまう可能性は否定できません。その点、弁護士が付いていれば、適切に対応することができます。
さらに、審判になると、寄与分などは、申し立てをしないと判断してもらえません。
このように、遺産相続を巡る手続きは複雑で、一般の方には難しい面があります。
 少しでも不安なことがある方は、まずは、法の専門家である弁護士にご相談ください。

当事務所では、これまでから、遺産分割の調停はもちろん、裁判外での交渉等も受任してきました。まずはご気楽にご相談ください。

・公正証書遺言を書きませんか?
・遺産分割の流れ
・遺産問題良くある質問と答え

相続・遺言についての専門サイトを作成しました。わかりやすく解説してあるので、ご覧ください。
相続・遺言専門サイト

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら