立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 消費者
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
刑事事件

消費者問題でお悩みの方

消費者問題とは?
訪問販売、通信販売、連鎖販売などの特殊な形態の取引など、業者と一般市民との取引により、市民(一般消費者)の側に不当な契約条件を余儀なくされるなどの被害が出ることを言います。

消費者を保護するためにさまざまな法律の規定があります。
有名なものとしてはクーリングオフがありますが、その他にも、民法・消費者契約法・特定商取引法などにより、取消や無効の主張ができる場合があります。
また、クーリングオフに関して、期間が過ぎているようにみえても、法律の要件を満たした書面を交付していなかったために、期間の計算がスタートしておらず、まだ間に合うケースもあります。

近年、消費者保護という考え方が一般化し、消費者契約法、特定商取引法などによる保護が強化されていますので、以前であれば泣き寝入りせざるをえなかったケースでも消費者に有利な解決ができる場合があります。

たとえば、大学に授業料を払いこんだ後に入学しなかった場合の返還は消費者契約法が成立したために認められるようになったものです。


このように、以前より消費者保護は手厚くなってきています。
被害にあったと感じたら、まずはご相談ください。

多摩中央法律事務所
電話 042−512−8774
受付時間平日午前10時から午後10時 日曜午前10時から午後7時
メールはこちらへ
*お急ぎの場合は、電話をお願いします。

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら