立川・所沢・川越で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】 > 審判離婚とは
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他
離婚・家族関係

審判離婚とは

調停で不成立になった場合、家庭裁判所が調停の内容を検討し、離婚すべきと判断した場合に離婚の審判を下します。2週間以内に不服申し立てをしなければ審判離婚が成立します。ただ、審判離婚はめったになされません。裁判所は、調停不成立の場合、ほとんどのケースではそのまま手続きを終了します。それでも離婚したい場合は、再度相手を説得するか、裁判を起こす他ないことになります。

離婚・家族関係へ戻る

立川 国立 国分寺 昭島 弁護士 債務整理
このエントリーをはてなブックマークに追加
立川 の 弁護士 なら 債務整理 一般民事他 お問い合わせ:042-512-8774 メールでのご相談はこちら