立川、国立、八王子、青梅など
多摩地区の企業、事業者の方のご相談は、多摩中央法律事務所へ!

契約書の相談

契約書の作成、チェック、その他の相談をすることができます。弁護士が代理で交渉することや、契約交渉の場への立ち合いも可能です。(*案件によります)

契約書についての法律問題とは?

  「契約自由の原則」といって、契約は原則として自由に結ぶことができます(公序良俗違反など、例外を除く)。これはとても便利なことですが、一方でいったん契約をしてしまうと特別な場合以外は拘束され従わないといけなくなります。「よく読んでいなかった」といっても通用しない場合がほとんどです。
  それゆえ、契約書を作成する段階でしっかりと内容を読み、必要な修正を求め、納得のいくものを作る必要があります。
「契約をする」とは「義務を負う」ということです。
(もちろん、多くの契約は、一方だけが義務を負うわけではなく、相互に義務を負い、権利を得るわけですが、義務を負うという点には特に注意が必要だという趣旨です)


弁護士はどう解決するか?

  当事務所では契約書チェックの依頼を受けると依頼者様にとって不当に不利な内容が含まれていないか、逆に入れておくべき内容が抜けていないかを重視して、契約書案の最初から最後までくまなくチェックします。
  一般的に必ず入れておくべき内容はもちろん、お客様のケースでは入れた方が良い内容も充分検討した上で、契約書案の可否を判断し改善すべき点をご指摘させていただきます。
もちろん、後で問題になりそうな文言、あいまいで本来意図した効果が得られないおそれのある文章などは、必要に応じて修正いたします。
また契約書をどう作って良いかわからない、作る時間がない、などのご事情で作成を初めから依頼したい場合もお受けできます。どのような目的でどのような効果のある契約をしたいのか、御社の事業内容、今回の契約に至った経緯、今後の相手方との取引の計画などで契約にかかわる様々な事情を聞かせていただき、最善の契約書案をご提案いたします。
 弁護士に作成やチェックを求められるような契約書は、多くの場合、今後のご依頼者様(ご依頼いただいた企業様)の事業にとって重要な意味を持ちますから、丁寧に、条項案を一つ一つ確認し、検討し、ご依頼者様に確認し、なんどか修正しながら、最終的な案を練り上げていく、ということも珍しくありません。

 また、このように契約書の案を作るということだけではなく、案件によっては、弁護士が代理で相手方と交渉したり、契約の場に立ち会うこともあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士法人
多摩中央法律事務所
(東京弁護士会所属)

〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-8-5
立川NXビル2階
TEL:042-512-8774
FAX:042-512-8776

《電話受付時間》
平日 10:00~21:30
土日 10:00~19:00
※祝日原則休み

《営業時間》
平日 10:00~22:00
土日 10:00~19:00
※祝日原則休み

アクセス・地図

クリックで大きい地図

詳しい案内はこちら

 弁護士法人 多摩中央法律事務所  〒190-0023 東京都立川市柴崎町3−8−5立川NXビル2F  TEL:042-512-8774  FAX:042-512-8776