立川、国立、八王子、青梅など
多摩地区の企業、事業者の方のご相談は、多摩中央法律事務所へ!

リース契約の相談

リース契約に関する契約やトラブルについて相談ができます。

リース契約の何が問題か?

リースはコピー機やその他の備品を購入せずに少しずつの支払いで利用することができるため、便利です。しかし、契約期間が長期にわたり、原則途中解約はできないか、できても高額の違約金を求められるため、状況が変わると逆に企業、事業主にとって大きな負担になりかねません。
また、リースした製品が事前の説明と違ったり、機能が劣っていたりするケースもあり、トラブルの原因になりかねません。


弁護士はどう解決するか?

契約締結の段階であれば、リース会社から提示された契約書案を見せていただき、問題点を指摘いたします。交渉が可能なケースであれば、変更してもらった方が良い点を御指摘しますし、変更ができないケースであれば、契約をするメリット、デメリットを御教示して、契約するかどうかの参考にしていただきます。
一方、すでに契約しているケースで、リース会社側とトラブルになっているケースや、不満があり改善を求めたい場合等は、まず事案を分析し、ご相談者様の言い分が通る可能性を見極め、どのような対応がもっとも良い解決につながるか、アドバイスいたします。
例えば、製品に欠陥があると思われる場合でも、代替品の提供を求めれば解決する場合もあれば、損害賠償を求めて交渉や訴訟をするのが望ましい場合もあります。また、法的に争うよりは双方にメリットのある解決を探った方が良いケースもあります。
そのような結論を導き出すためには、まずは法律的な観点からはどうなるのか、分析してみることが必要です。
そのうえで、最善と思われる解決方法を御提案いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士法人
多摩中央法律事務所
(東京弁護士会所属)

〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-8-5
立川NXビル2階
TEL:042-512-8774
FAX:042-512-8776

《電話受付時間》
平日 10:00~21:30
土日 10:00~19:00
※祝日原則休み

《営業時間》
平日 10:00~22:00
土日 10:00~19:00
※祝日原則休み

アクセス・地図

クリックで大きい地図

詳しい案内はこちら

 弁護士法人 多摩中央法律事務所  〒190-0023 東京都立川市柴崎町3−8−5立川NXビル2F  TEL:042-512-8774  FAX:042-512-8776