立川、国立、八王子、青梅など
多摩地区の企業、事業者の方のご相談は、多摩中央法律事務所へ!

競業避止義務の問題

事前の対策を行うことで、トラブルを防ぐことができます。

競業避止義務の何が問題か?

貴社の従業員が退職してすぐに企業を立ち上げて競業する内容の業務を始めたらいかがでしょうか? ノウハウを知っているだけに脅威になるのではないでしょうか?
場合によっては、元の顧客をとられてしまう恐れもあります。


弁護士はどう解決するか?

「競業避止義務」を主張して、退職者の上記のような活動をやめさせたり、損害賠償を請求することを検討します。ただ、競業避止義務については、必ずしも当然に発生するものではなく、あらかじめ雇用契約や就業規則などで定めておいた方が主張が認められる可能性が高くなるので、事前の対策が重要です。
一方、定めておいたとしても、範囲や内容について無制限に認められるわけではないので、判例に従った検討を行い、合理的な内容の定め方を提案いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士法人
多摩中央法律事務所
(東京弁護士会所属)

〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-8-5
立川NXビル2階
TEL:042-512-8774
FAX:042-512-8776

《電話受付時間》
平日 10:00~21:30
土日 10:00~19:00
※祝日原則休み

《営業時間》
平日 10:00~22:00
土日 10:00~19:00
※祝日原則休み

アクセス・地図

クリックで大きい地図

詳しい案内はこちら

 弁護士法人 多摩中央法律事務所  〒190-0023 東京都立川市柴崎町3−8−5立川NXビル2F  TEL:042-512-8774  FAX:042-512-8776