立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

こんな時どうする?

借金関係

「サラ金(消費者金融)から借金をしてずいぶん長い間返済しているのに残額が一向に減らない。」
取引期間が長い場合は、過払い金が発生している可能性があります。2010年6月の貸金業法改正より前からの取引の場合、その可能性があります。ただ、大手の消費者金融やカード会社の場合は、2007年頃に利率を下げていることが多いようですので、大手の業者の場合にはそれより前からの場合には過払い金の発生の可能性があるといえます(ただし、業者によります)。

また、過払い金がない場合でも、任意整理により将来の利息を無くすことが考えられます。任意整理においては、利息制限法違反の部分をカットするための引き直し計算をした額で固定し、将来の利息をなくすのが原則です。それゆえ、利息への返済にばかりあてられて額が減らない場合には、任意整理が効果的だと考えられます。
ただ、状況によっては、民事再生や自己破産など、他の手続きが望ましいケースもありますので、詳しくは、ご相談ください。

※ここで書いているのは全て一般論です。個別の事例によって異なりますので、まずは弁護士にご相談ください。