立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

こんな時どうする?

家族の関係

「両親が高齢で判断力が低下してきて、お金の管理が心配」
判断力が低下している場合、その程度に応じて、成年後見制度や保佐人、補助人などの制度の利用が考えられます。(なお、判断力があるうちに本人の意思で任意後見契約をしておくということもできます)
成年後見等は家庭裁判所に申し立てる必要がありますが、申し立ての代理人として弁護士に依頼することもできます。

なお、どの制度が利用可能か、どの制度が望ましいか、は、状況によって異なります。判断力の低下の程度がもっとも程度が重いときに用いられるのは成年後見制度で、成年後見人はさまざまな法律行為を本人に代わって行なうことができます。同時に、成年後見人は後見人としての業務を適切に行なう責任を負うことになります。成年後見人には弁護士などの専門家がなることもあれば、家族がなることもあります。

後見制度についての詳しい解説はこちらをご覧ください。

※ここで書いているのは全て一般論です。個別の事例によって、望ましい対応は変わります。弁護士に相談せずに実行に移した結果損害や不利益を被っても責任は負えませんので、ご注意ください。