相続人の一人が認知症で遺産分割協議ができない

当該相続人の状況に応じて成年後見制度等の利用が考えられます。
例えば、成年後見人が選任された場合は、後見人が本人の代わりに遺産分割協議を行なうことができます。
ただ、一度選任された後見人はその後も業務を続ける必要があるため、その負担をどうするか、という問題があります。

成年後見制度についてはこちらをご覧ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた