立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

民事再生

個人の民事再生における最低弁済額

小規模個人再生及び給与所得者再生では、最低弁済額の定めがあります。債務の総額により異なり、
100万円以下の場合・・債務の全額
100万円を超え500万円以下の場合・・100万円
500万円を超え1500万円以下の場合・・債務額の5分の1
1500万円を超え3000万円以下の場合・・300万円
3000万円を超え5000万円以下の場合・・債務額の10分の1
となっています。(住宅資金特別条項を使う場合における住宅ローンは除く)

ただし、小規模個人再生の場合は、他に清算価値基準も満たす必要があり、給与所得者再生の場合はさらに可処分所得基準も満たす必要があります。

債務整理の流れ

任意整理      自己破産     債務整理Q&A     弁護士費用