立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

債務整理Q&A

民事再生にも種類があるのですか?

A. 通常、個人の債務者が行うものとしては、小規模個人再生と給与所得者再生があります。
小規模個人再生のほうが返済額などの点で有利なケースが多く、近年東京地裁に申し立てられた個人再生の大半は小規模個人再生ですが、給与所得者再生は債権者の異議の制度がないため、小規模個人再生では過半数の債権者から異議を出されることが予想される場合などには、有用な手続きといえるでしょう。

« 一覧へ戻る