過払金

払いすぎた利子を元金に充当する計算(引き直し計算。正しい利率での再計算である)をした結果、返してもらえることになるお金。
(単に払いすぎた利子を指すわけではなく、払い過ぎた分を元金に充当する計算をして、そのうえで戻りが出た場合に、過払い金という)

同様に、「過払い」とは、引き直し計算の結果、返金してもらえる額が出ている状態のことをそのように呼ぶ。

すなわち、完済している状態で引き直し計算をしたら返してもらえるお金があったり、残債務がある段階で介入して、残債務が消え、返金額が出ている場合が、過払いである。

一方、引き直し計算をしても残債が残る場合、例えば、100万円の債務がある段階で引き直し計算をしたら50万円に減った場合、残債が残っているため、「過払い」という表現はしない。
ただ、このような場合も、払い過ぎの利子は元本に充当され、それゆえに残高が減っているのであるから、債務整理のメリットはあるといえる。*ただ、残高が残る場合は信用情報機関の登録の問題があります。

「過払い回収に関する用語集」へ戻る

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた