和解に代わる決定

簡易裁判所で用いられる仕組みであって、当事者の一方が欠席していても、もう片方が書面を提出していれば、裁判所はその内容で決定を出して、和解が成立したものとみなすことができます。

この制度は、過払い訴訟でもよく使われます。

なお、裁判所が決定を出しても当事者は告知されたから2週間以内に異議を出すことが出来、異議を出されると効力を失うので、過払い訴訟の場合、ほとんどのケースでは事前に 原告側(過払い請求者側)と被告側(貸金業者)で交渉して、合意できた場合だけ、和解に代わる決定を出してもらうよう、裁判所にお願いすることになります。

そうして事前に同意しておけば、異議を出される心配がないわけです。


「過払い回収に関する用語集」へ戻る

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた