立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

離婚・家族関係

協議離婚とは

夫婦間でお互い納得するまで話し合い、今後の生活のことを取り決め、お互い合意ができた場合、離婚届けを提出し、正式に離婚となります。

流れ:夫婦間で離婚についての話し合い

  • 離婚に合意するかの意思の確認
  • 慰謝料をどうするか
  • 財産の清算
  • 子供の親権

など

合意となったら、離婚届を戸籍役場に提出し離婚成立。

その際、未成年の子供がいれば、離婚届にどちらを親権者にするか書く欄がありますので必ず記入し、提出します。
また、養育費や財産分与、慰謝料についても夫婦間で合意ができているとよいです。
ただ、離婚届を提出した後でも、これらを決めることは可能ですが、財産分与、慰謝料については時効があるので、要注意です。
養育費については、支払ってもらえないときのために、財産の差押えができるよう、公正証書を作成しておくとよいです。
公正証書は公証人に依頼します。金銭債務についての執行力があること、証拠力が強いこと、が特徴です。

離婚・家族関係へ戻る