離婚・家族関係

裁判離婚とは

裁判離婚とは離婚訴訟によって、家庭裁判所の判決によって離婚することを言います。裁判離婚のための訴訟は、先に調停をした場合にしか提起できません。調停がうまくいかなかった場合に、初めて訴訟をできるということです。
裁判で勝訴すれば、相手方の意思にかかわらず離婚ができます。裁判で認められるためには、以下の離婚理由が必要です。

※離婚理由
1、配偶者に不貞な行為があったとき
2、配偶者に悪意で遺棄されたとき
3、配偶者が3年以上行方不明(生死不明)のとき
4、配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
5、結婚生活の継続ができないような重大な事由があるとき

 

よく離婚の理由として挙げられる長期間の別居は、上記5に当たる可能性があります。
離婚事由については、多くの裁判例があり、解釈が積み重ねられてきています。
ご自身の場合に裁判離婚が可能か、わからないという場合は、当事務所までご相談ください。

離婚・家族関係へ戻る

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた