「ブラックリスト」の概要

 皆様も、ブラックリストという言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは債務整理に関してよく使われる用語ですが、実のところ「ブラックリスト」という名前のリストがあるわけではありません。信用情報機関という組織があり、そこが作成している個人別データベースにおいて特定の状態になることをそのように呼んでいます。特定の状態、というのは、いわゆる異動情報などと呼ばれる記載がされることを言います。移動情報というのは、取引が通常の状態から著しい遅れや弁護士などの介入があることなどで問題のある状況に移行したということを意味する情報です。そのような記載がされている状態を一般に、「ブラックリストに掲載されている」とか「ブラックになる」というような言い方がされています。ただし、これは法律用語ではないし、正式の用語でもありません。
 ただ、一般に用いられる言葉なので、このページでは使い方に注意しつつ、用いることとします。

「ブラックリスト」に載るとどうなるの?

信用情報がいわゆるブラックの状態になるとどういう点が問題なのでしょうか? まず、クレジットカードなどの審査が通らなくなります。また、住宅ローンや車のローンなども原則として審査が通らないと考えた方が良いでしょう。さらに、従来利用していたカードも使えなくなる可能性があります。
 一方、あくまで借り入れ等の審査に使うためのものなので、関係のない第三者にわかってしまうことはありません。

どういう場合に「ブラックリスト」に載るの?

 これは、各信用情報機関のサイトを見ていただくと良いと思いますが、簡単にいうと、債務整理のために弁護士等が介入した場合や、返済の遅れが長引いたとき、などに掲載されます。注意が必要なのは、自己破産や民事再生の場合だけではなく、任意整理(一般的な債務整理です)の場合にも、そのような情報が掲載されるということです。もっとも、債務整理(破産、再生、任意整理)でしっかりと手続きをして、最後までうまくいけば、いずれは消えます。なお、返済をしないまま放置するとずっと載り続けることもあり得、そういう場合は、何らかの方法で債務を消滅させる(返済、時効援用、など)ことができれば、時間はかかるかもしれませんが情報は削除されるはずです。

過払い回収の場合も載るの?

 過払い回収のご相談に来られた方もいわゆるブラックリストのことを心配されている方もおられます。しかし、完済後に過払い金返還請求をしても、いわゆるブラックリストには載りません。なぜなら、過払い金返還請求は返済の遅れなどの問題を示すものではないからです。
 なお、残高がある場合に弁護士が介入して、引き直し計算で残高が減ったとしても、残ってしまうと債務整理としていわゆるブラックになると考えられます。一方、引き直し計算で債務がなくなり、過払いの状態になった場合は、移動情報は載らないか、載っても和解により過払いが確定することで完済扱いに変わるはずです。いずれにせよ、最初から完済の場合は、信用情報に影響はありません。

自分の信用情報を確認したい場合どうすればよいの?

 以前に滞納をしたことがある方や、債務整理をして時間が経っている方は、信用情報がどういう状態になっているか気になると思います。そのような場合には、直接、信用情報機関に、どのような方法で開示請求ができるのか、問い合わせてみるとよいでしょう。所定の手続きを踏むことで、ご自身の信用情報の取得が可能です。

信用情報を自分で取得して役に立つ場合

 信用情報を自分で取得して意味があるのはどういう場合でしょうか? カードローンや住宅ローンを申し込む前に参考にしたい、という場合もあると思いますが、債務整理に関連する場面では、「昔どこかの消費者金融やカード会社から借りたが、どこだったか覚えていない」場合が挙げられます。生活再建のために債務をすべて明確にして債務整理なり時効援用なりをしたいという場合でも、まず弁護士はご本人様の申告に基づいて介入をします(時効であることが明らかな場合には、最初から時効援用通知を送ることもありますが)。しかし、業者名がわからないと、どこに受任通知を送ってよいかがわかりません。うろ覚えだけどたぶんあの業者、という程度にわかっていればまずは介入して調べてみるということもできますが、例えば、「数社で借りていたけど、どこだったかほとんど覚えていない」というような場合には、まずは信用情報機関でご自身の情報を取得していただいて、そのうえでご相談に来ていただけると、スムーズに進むと思います。

2020年コラム一覧に戻る

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた