立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

民事再生

給与所得者再生とは?

給与所得者再生は個人向けの民事再生のひとつであり、小規模個人再生と並んで、個人の方が生活を再建するために利用する民事再生手続きです。小規模個人再生と異なり、債権者の異議により不許可になるという仕組みがないのがメリットです。

ただし、手続き利用の要件の問題として、原則としてサラリーマンや公務員などの給与所得者しか利用できないこと、給与所得者であっても収入の変動が大きいと認められない可能性があること(変動が2割程度が限界だといわれていますが、明確にはいえないところです)、から、利用が難しいケースもあります。

また、手続きの効果に関しても小規模個人再生と異なる点があります。すなわち、小規模個人再生の場合の最低弁済額の基準及び清算価値基準の他に、可処分所得基準も満たす必要があるため、案件によっては、小規模個人再生の場合より弁済額が多くなってしまうこともあります。

それゆえ、小規模個人再生と給与所得者再生、どちらがよいかは、ケースにより異なるということになります。

・収入が少ない、扶養家族が多い
場合は、比較的可処分所得が少なくなりがちなので、その点では給与所得者再生を利用しやすいと思いますが、
ただ、いずれにせよ、返済を行う資力は必要です。

債務整理の流れ

任意整理      自己破産     債務整理Q&A     弁護士費用