民事再生

給与所得者再生とは?

給与所得者再生は個人向けの民事再生のひとつであり、小規模個人再生と並んで、個人の方が生活を再建するために利用する民事再生手続きです。小規模個人再生と異なり、債権者の異議により不許可になるという仕組みがないのがメリットです。

ただし、手続き利用の要件の問題として、原則としてサラリーマンや公務員などの給与所得者しか利用できないこと、給与所得者であっても収入の変動が大きいと認められない可能性があること(変動が2割程度が限界だといわれていますが、明確にはいえないところです)、から、利用が難しいケースもあります。

また、手続きの効果に関しても小規模個人再生と異なる点があります。すなわち、小規模個人再生の場合の最低弁済額の基準及び清算価値基準の他に、可処分所得基準も満たす必要があるため、案件によっては、小規模個人再生の場合より弁済額が多くなってしまうこともあります。
(可処分所得は収入から必要な生活費を引いた金額のことをいいますが、必要な生活費の額は計算方法が決まっており、都市部だとやや多く、また、扶養家族の数が多いと認められる生活費は多くなります。それゆえ、扶養家族が少なく収入は多い場合は、可処分所得が高めになりがちです)。

それゆえ、小規模個人再生と給与所得者再生、どちらがよいかは、ケースにより異なるということになります。

債務整理の流れ

任意整理

自己破産

債務整理Q&A

弁護士費用

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた