1、過払い金というと消費者金融のイメージが強いけど

過払い金というと、アコム、プロミス、レイク、CFJ(もとのディック、ユニマット、アイク、など)のイメージが強いですが、カード会社の場合も過払い金はあるでしょうか?

2、そもそも過払い金とは?

過払い金は、利息制限法の上限利率を超える取引をしていた場合に発生しうるものです。利息制限法の上限利率は、元金が10万円未満だと20%、10万円以上100万円未満だと18%、100万円以上だと15%です。(ただし、一度その金額を超えると、利率は再度上がることはありません。例えば、一度100万円以上になると、15%のままで、返済により元金が減っても18%には戻りません)
利息制限法を超える利率については元金の返済に充てたとみなして計算することで、払い過ぎとなり、返還請求ができる場合に、これを過払い金、というわけです。
そして、かつて、大手のカード会社も、消費者金融と同様に、利息制限法を超える利率で貸し付けを行っていました。すなわち、2007年頃までは、オリコ、ニコス、エポス、クレディセゾン、アプラス、セディナ(OMC,セントラルファイナンス、クオーク)などの大手カード会社は20%を超える利率で貸し付けをしていたため、その時期の取引だと過払い金が発生することが良くあります。もちろん、上記以外のカード会社でも、同様に高い利率での取引があった場合には、過払い金が発生する可能性があります。なお、ジャックスは1990年代後半に利率を下げているので、かなり古い取引の場合にしか過払い金は発生しません。

3、キャッシング取引の場合に限られます

過払い金が発生するのは、キャッシング取引に適用される利息制限法の問題なので、ショッピング取引では過払い金は発生しません。また、実際、ショッピングの場合は、それほど高い利率ではない場合がほとんどです。したがって、カード会社の場合でも過払い金は発生しうるものの、キャッシング取引の場合に限られるということができます。

4、まとめ

以上をまとめると、カード会社でも過払い金が発生することはありますが、キャッシングの場合に限られ、また利率が高かった時期の取引があることが必須だと言えます。

ご予約・お問い合わせはこちら

042-512-8774

電話受付:平日 10 時~21時 30 分/土日 10 時~19 時

メールでのお問い合わせは24時間受付

原則24時間以内のご返信(土日は遅れる場合がございます)

ページトップへ

債務整理トータルサポート

  • 払い過ぎていた利息を取り戻したい
  • 裁判所を介さず交渉で借金を減らしたい
  • 住宅を残したまま借金を減らし返済したい
  • 借金をなくして再スタートしたい
  • 会社の経営継続が難しくなってきた