立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

債務整理Q&A

民事再生と破産はどう違いますか?

A. 破産は財産を分配する代わりにすべての借金を消してもらう(非免責債権は除く)、民事再生は借金の額を減らしてもらう代わりに残りは3年かけて返済する、というのが基本的な考え方の近いです。その他さまざまな違いがありますので、おもな点を下の表にまとめました。ご覧ください。

おおよそ、この表のとおりです。

破産 民事再生
持家 失う(原則) 残せる
債務 全額免除
(非免責債権除く)
縮減
(たとえば500万円から100万円に減額 *一例です。さまざまなパターンがあります)
*住宅ローンは基本的にそのまま
その他の財産 日常家事用品、99万円までの現金、20万円以下の預貯金、20万円以下の車、など以外は失う。 ローンがあるもの以外はすべて残せる
資格制限 あり なし
異議の効果 裁判所の判断の参考になるに過ぎない 債権者数または債権額の過半数の異議で不許可
収入要件 なし
(収入が少なくてもできる。*手続き費用は必要)
あり
(減らした後の債務を払えそうにないと、できない)

民事再生について詳しくはこちらをごらんください

« 一覧へ戻る