立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

弁護士と司法書士の違い

弁護士に依頼すれば

  • 過払い金の回収額に上限がない
  • 任意整理についても債務額による制限がない
  • 破産や民事再生の代理も頼める
  • 裁判になった場合に、基本的にすべて任せられる

ことが違います。

司法書士は簡易裁判所の代理権しかなく、簡易裁判所で扱える額である140万円を超える過払い金は交渉であれ訴訟であれ扱うことができません。つまり、司法書士に依頼すると、140万円を超える過払い金が出た場合、新たに弁護士を探さないといけなくなる恐れがあります。また、140万円以下の場合でも司法書士に頼んだ場合、控訴されて地裁に進むと自分で裁判をしないといけなくなる恐れがあります。

もちろん、弁護士にはそのような制限がありません。金額にかかわらず過払い回収訴訟もお任せいただけます。地方裁判所、高等裁判所でも、弁護士があなたの代わりに出廷し、書面を書き、主張をしますので、ご本人様は裁判所に行かなくて済みます。

また、破産や民事再生の場合、代理人になれるのは弁護士だけです。司法書士に頼んでも、結局は本人による申し立てになってしまいます。管財人と会うときも、裁判所で免責審尋を受けるときも、司法書士は手続きにかかわれないので、一人でいかなくてはなりません。

その点、弁護士に頼めば、代理人として申し立てやその後の業務を行なってもらうことができ、管財人や裁判所の手続きにも一緒に来てくれるので、安心です。

もともと、債務整理(任意整理、民事再生、破産)や、過払い回収は法律行為です。従って、本来は弁護士の業務なのですが、弁護士が不足しているというので、法律が改正され、特別に司法書士も部分的には扱えるようになりました。しかし、司法書士の業務範囲には上記のように制限がありますので、やはり、弁護士に依頼したほうが充分なサポートを受けられる可能性が高いと思います。

関連ページ

任意整理      自己破産      民事再生    弁護士費用